ZOZOHEATの口コミ感想!ヒートテックとの違いを比較してみた

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

急に寒い季節に突入しましたね〜。

 

そろそろブーツを買わねばとゾゾタウンでを購入したところ、ZOZOTOWNのキャンペーンでZOZOHEATが届きました。

薄手の温かいインナーです。

あったかインナーといえば、誰しも1着は持っているユニクのヒートテックと似ていますよね?

ヒートテックとどう違うの?

 

今回は、ゾゾタウンのZOZOHEATとユニクロのHEATTECHを比較してみました!

それぞれの違いと着てみた感想を比べてみます。

PR

ZOZOHEATの口コミは?

ZOZOHEATを購入したひとの口コミをみてみましょう!

ZOZOHEAT購入者の口コミ

 

この投稿をInstagramで見る

 

VSヒートテック 性能やいかに🔥 #zozotown #zozoheat #zozoheatcotton #zozosuit #見せてもらおうか新型の性能とやらを

りゅうたん(@y.ryuryu)がシェアした投稿 –

 

良い口コミでは、ジャストサイズがいいという口コミがたくさん。

悪い口コミでは、サイズ展開が1000種類もあるが故の、サイズに合わなかった場合のぴったり感がきついと感じるという感想もありますね。

 

それでは実際に着てみます!

ゾゾタウンのZOZOHEATを購入してみました!

ゾゾタウンで一定以上のお買い物をすると、キャンペーン中でZOZOHEAT購入代がタダとのこと。

購入後の画面で選択が出てきました!

  • 色は、黒か白。
  • 襟のタイプは、Uネックかバレエネック。
  • サイズは、身長と体重

サイズはSMLではなく、身長と体重を入力するだけなのが驚きです。

ZOZOTOWNは時々このようなキャンペーンがあるから嬉しいですよね。

お試しにはちょうどいい

購入してから2日で届いた

お昼頃に注文すると翌日発送され、翌々日の朝9時に届きました!

注文時間が早ければ、購入した次の日に届くこともあるかもしれませんね。

意外と早い

ZOZOHEATとヒートテックの比較

素材の違い

まずは、ゾゾタウンのZOZOHEATを見てみましょう。

アクリル48、レーヨン44、毛5、ポリウレタン3。

毛が入っているせいかどこか柔らかい着心地です。

洋服のタグって意外とカサカサ擦れて痒くなったりするんですよね。

ZOZOHEATは、タグレスなのもエコで良いですよね。

 

続いて、ユニクロのHEATTECHです。

アクリル32、レーヨン21、ポリウレタン9、ポリエステル38

ユニクロのヒートテックはツルツル感がありますよね。

通気性が良く、保温性もある優秀なインナーです。

 

サイズ感はZOZOHEATが抜群にフィット

ZOZOHEATはフィット感がすごいです。

身長と体重だけで、1000種類のサイズ展開からぴったりサイズのインナーが送られてきます。

長袖を着てもはみ出ません。

きつめにフィットしているので、腕をまくり上げることもできます。

ぴったり!

 

一方、ユニクロのヒートテックは袖や丈も少し長めな印象です。

サイズ展開がSMLだと、袖だけ長くなったり、丈だけ長くなったりしてしまいます。

しかし、伸縮性があるので体によくフィットしています。

 

温かさは種類が豊富なヒートテック

購入したものは、バレエネックです。

バレエネックは、襟が空いたニットを着てもインナーが見えにくいのがいいですよね。

首元の温かさを重視するならUネックのほうがおすすめです。

真冬には少し物足りないかも知れません。

 

ユニクロも同じく、バレエネック。

通常のヒートテックだけでなく、極暖や超極暖など、真冬におすすめのインナーというよりあったかシャツのような商品も展開されています。

去年の冬から着ているので少しだれてしまっていますが、温かさは抜群です。

ZOZOHEATを購入してみた感想まとめ

いかがでしたか?

 

正直、ZOZOHEATもヒートテックもインナーとしての温かさは同じです。

ゾゾタウンZOZOHEATのフィット感、UNIQLOヒートテックのツルツル感と、どちらが好きかというところです。

 

種類の豊富さで、UNIQLOヒートテックのほうが寒さに合わせていろんな種類をもっていてもいいかもしれません。

 

サイズは、ZOZOHEATのほうが自分にぴったりのものを見つけられるのではないでしょうか。

1000種類のサイズ展開から、ぴったりサイズのインナーが届くのは嬉しいです。

 

この安さでオーダーメイドのような感じで特別感を味わえるのも、お得ですよね!

 

PR