名刺アプリ

名刺管理アプリ個人におすすめ3選!機能やサービスで選ぶ徹底比較!

名刺アプリ

名刺交換は、社会人なら一度はしたことがありますよね?

 

名刺いわゆるビジネスカードは交換することで、相手がどのようなことをしているのかが一目でわかる、相手との最初のコミュニケーションになります。

 

名刺って、このデジタルの時代にも根強く無くならない文化なんですね〜。

 

しかし、溜まっていく一方の名刺の管理どうしていますか?

初めはアナログにフォルダーにいれていましたが、空き容量が足りず、だんだんと箱詰めになり山積み状態になっています。

 

そんなときに利用しようと思ったのが名刺管理アプリです!

 

スマホカメラをかざして撮影すると名刺内の情報が自動でデータ化されるので、一から入力する必要はありません。

一度アプリに取り込んでしまえば、スマホだけで全ての名刺が管理できます。

基本的には自分でスマホカメラにかざして登録するか、コワーキングスペースや携帯ショップなどに置いてあるスキャナーを利用して登録しますが、最近の名刺管理アプリは、機能やサービスがすごく便利なんです!

 

  • 無料で使いたい
  • すでに大量に名刺がある
  • 他アプリとの連動やインポートができる

こんなときに個人におすすめ!

実際にインストールして利用してみた中で、個人におすすめの3つの名刺管理アプリを紹介します!

PR

名刺管理アプリの選ぶ時のポイント

大量の名刺が登録できるスキャンサービス

スマホで取り込むことができるカメラスキャン機能は、名刺管理アプリの最大の特徴である便利機能です。

 

でもすでに大量の名刺が手元にある場合、一枚一枚スキャンしていくのは非常にめんどくさい。

 

そこで、名刺管理アプリを選ぶ時のポイントとなるのが、スキャン代行サービス数枚同時に自動登録可能な機能です。

スキャンを同時にできる名刺の枚数が多いほど時間短縮になりますし、このスキャン作業自体を代行できれば初期導入も楽ですよね。

 

無料でスキャン代行サービスや一度に数枚登録できるものは、名刺管理アプリ選びのポイントとなりますね。

 

名刺情報を自動で最新化

転職で企業名が変わったり、役職名が変わることって今の時代しょっちゅうですよね。

そのたびにまた名刺交換なんて、アナログな紙が増える一方です。(やめてくれ〜)

前の名刺を探して、取り替えて、、、なんてめんどくさい!

 

名刺管理アプリを使えば、相手も同じアプリを利用していれば、転職したときや役職が変わった時の名刺が自動で更新されます。

中には、転職履歴や昇格情報なども公開できるものもあり、新たな交流が生まれるかもしれませんね。

つまり、利用者が多いほど名刺が最新化されている可能性も高くなるので、利用者が多いアプリであることも、選ぶポイントですね。

 

スマートな検索機能

アプリで管理することで、一度登録しておけば、名刺自体は箱詰めするなりなんなりして大丈夫です。

たま〜に名刺を見る必要がある時ってありません?

名前忘れちゃったときとか、電話しなくちゃいけないとき。

 

そんなときは検索機能をつかえば、名前や企業名で検索することができます。

あいうえお順や企業別など、楽に探すことができますね。

プロジェクト別やサロン用などにもタグづけや分類分けをすることができる検索機能は選ぶポイントです

名刺管理アプリ個人におすすめ3選

Eight

eight

株式会社Sansanの個人向け名刺管理アプリです。

企業向けのSansanの個人版名刺管理アプリで、小規模な企業や個人にもおすすめです。

シェアNo.1の名刺アプリと言われており利用数が多いということは、自動更新される名刺も多く、最新の状況に保つことができます。

近況報告やメッセージ機能など、EightならではのSNSのように利用することもできます。

基本的な名刺管理は無料ででき、長年の実績や利用者も多いので信頼性が高いです。

無料サービス

  • セルフスキャン:近くのコワーキングスペースやカフェなどに設置されている高速スキャナーを利用して大量スキャン
  • スターターパック:200枚まで郵送できるスキャン代行サービス
  • 連動:Facebook、Gmail、Slack、
  • 着信時の名刺表示機能:あり
  • 検索機能:ラベルをつけることによりグループ分け

有料サービス

  • Eightプレミアム:月額480円でcsvファイルでインポート、iPhoneの連絡先と連携など機能拡張
  • 出張スキャン:500枚まで3,000円 、501枚以上から50枚毎に300円、派遣料金など
  • 郵送スキャン:500枚まで3,000円 、501枚以上から50枚毎に300円、返送料金など

 

Wantedly people

wantedlypeople

求人情報などビジネスSNSサービスを提供する、株式会社Wantedlyの名刺管理アプリです。

ベンチャー企業や個人にもおすすめです。

登録した名刺に関する業界や会社のニュースをAIが自動で届けてくれる機能はWantedly Peopleの特徴。

これらの機能すべて完全無料で利用できるので、評価が高いです。

無料サービス

  • スキャン:同時に10枚スキャン可能
  • 連動:iPhoneの連絡先との同期
  • インポート:Eight、Sansan、CamCard、CSVダウンロード

 

myBridge

株式会社LINEによって2018年5月に提供された比較的新しい名刺管理アプリです。

そのため利用ユーザーが比較的に少なく、不具合がある可能性があります。

今後の機能拡張や利用者拡大に期待です。

新しいサービスとあって、スキャンサービスが今なら無制限で無料。

無料サービス

  • おまかせスキャン:枚数無制限の名刺スキャン代行サービス
  • 連動:LINE
  • インポート:Eight、Sansan、CamCard、WantedlyPeople、Googleの連絡先、Outlook
  • 着信時の名刺表示機能:あり
  • 検索機能:グループ指定、キーワド検索可能

名刺管理アプリのおすすめまとめ

個人用名刺管理アプリおすすめ3選はいかがでしたか?

  • Eight
  • Wantedly People
  • myBridge

 

簡単機能のmyBridge

新しい物好きのわたしとしては、LINEの新しいサービスmyBridgeをおすすめしたいです。

なにしろ容量無制限の無料スキャン代行サービスがあるので、いまが導入するチャンスだと思います。

ただ、新しいサービスが故のバグもあったりしますが、それはいまや大手のLINEなので不具合はすぐに解消されることを期待しています。

 

利用数が多いEight

実績を大切にしたい人には、Eightがおすすめです。

利用者が多いことも安心感がありますよね。

有料のEightプレミアムにするとさらに便利な機能が増えますが、無料でも十分使い続けることができます。

 

情報収集にWantedly People

完全無料で利用したい人には、Wantedly Peopleがおすすめです。

アプリ内課金もゼロなので、安心して利用できますね。

仕事にまつわる情報が簡単に収集できることも魅力の一つです。

 

名刺管理アプリで、いまだアナログの名刺をスマートに管理して、断捨離をおこなってみてはいかがですか?

PR